ロレックス・デイトナの買取価格相場は

ロレックス・デイトナとは、数あるロレックスの腕時計の中でも抜群の人気を誇るモデルです。いわゆる「クロノグラフ」と呼ばれるもので、文字盤には長針と短針の他に幾つもの計器が備わっています。ロレックスと言えばこのモデルを思い浮かべる人がほとんどで、その緻密な動きと美しいデザインは長年にわたって愛されてきました。もちろん今も時計愛好家たちの羨望を浴びるモデルとして君臨しており、その買取価格も値崩れを起こしにくいことで有名です。
デイトナは1960年代にカーレースのコンセプトの元開発が進んだ時計で、米国フロリダ州デイトナにあるサーキットがその名前の由来となっています。80年代後半には手巻き式から自動巻き式に進化し、デザインもより洗練され、さらに2000年代にはついに完全自社製化されました。
デイトナの買取価格はモデルによって差がありますが、全体的に高値が期待できます。例えば現行モデルのRef.116520でしたら100~110万円程度(ホワイトダイヤルよりもブラックダイヤルのほうが若干査定が高めです)。生産終了品の一例ではRef.16518Gレザーベルトモデルが130~140万円前後となっています。また、ヴィンテージ・デイトナとされるプラスチックベゼルのRef.6263は、希少モデルということもあり、状態にもよりますが200万円オーバーも期待できるでしょう。
ロレックスの中でもデイトナは全体的に値崩れが極めて少なく、コレクターの数もたいへん多いために、買取価格も高めで安定しています。

デイトナ買取実績