エクスプローラーIIの歴史と買取について

エクスプローラーIIは、極限の環境下における実用性を追求したロレックス社の腕時計です。エクスプローラーI から正統進化を遂げたこのモデルは、機能性と堅牢性が向上しより使いやすくなりました。24時間表示が可能なことや、第2時間帯も同時に表示できることから、ビジネスシーンでも活用されています。
中でも希少価値の高いRef.1655は、1971年に登場した初代モデルです。エクスプローラーIIはその後の1988年と1991年にそれぞれモデルチェンジがされていますが、初代のモデルは現在ではあまり見られなくなったため最も貴重と言われています。当然新品で入手するのはほぼ不可能に近く、中古での購入でも100万円以上する場合があります。
現行では2011年に誕生した4代目となるモデルが最新ですが、こちらは新品でおよそ72万円ほどの値が付いています。在庫状況も上々ですから、購入の際に探し回るようなことはまずないでしょう。逆に買取時での価格にも触れると、多少の使用感込みで20万円前後となります。新品価格と比較しても一般的な相場割合と大差はない言えます。
ちなみに2代目モデルに関しては、僅か3年弱という短い期間での世代交代となりました。出回った個体数が少なかったため、こちらも初代同様希少価値が高いとされています。しかし採用されていた技術やデザインの部分で初代と差別化が行われており、そうした差から人気の格差も生まれています。個人の好みもあるでしょうが、不遇の世代と呼べるモデルでもあるのです。

エクスプローラーⅱの買取実績一覧